「サルの憂鬱」の言の葉便り

BAI式ブログサービス
  << June 2014 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
チャレンジ!!
内閣が新しくチャレンジする内容の基盤を考えたと報道されていました。
その中に「50年後に1億人程度の人口を維持するため第3子以降の出産、育児の支援を充実する」ということがもりこまれていました。確かに戦略の一つとして重要だと思います。しかし、同じ命の重たさを持つ第1子・2子の支援はどのように考えているのか・・・考えていない理由がわかりません。また、生まれてくる命ももちろん大事ですが、成長した青少年少女の事件・事故などによる早期な死に関しても考えてほしい。生まれたばかりの子供に力を注ぐことはもちろん賛成です。しかし、物事がわかるようになってきた10代の未来を担う世代がいじめや精神異常者の餌食で殺されていることも現実に起こっています。その命の守衛が薄いと思います。自分のことが守りきれない。家族だけでは微弱であるということも踏まえて50年後に1億人日本人国籍で人口維持をしていてもらいたい。そのために必要な戦略を考えてほしいと思った報道でした。では、また。
| オオザルT | - | 23:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
言論の自由?
6月も後半となり、春クールのドラマが最終回の放送を終えていっている今日この頃。
ここ数年、次回クールのドラマを盛り上げようと各方面の宣伝マンたちがネットなどを通じて広報活動をおこなうページを見ることもある。しかし、始まる前から「けなす」というマイナスの広報戦略はいかがなもんだろう・・・素人あいての学芸会をニコ○○動画やユースト・・・などで生放送するわけではない。それなりに名前のある協賛してくれる大手の企業に頭をさげて制作しているドラマのはずなのに・・・放映初日前に俳優をけなすところから始める宣伝活動は一個人として苛立ちを感じてしまう。宣伝側もそれなりのテクニックなのかもしれないが・・・いかがなものでしょう・・・もう少し「けなし方」も上手な表現方法を使えないものだろうか?言葉を扱うプロの言論とは、表現とは思えない今日この頃。
もっと上手に視聴者確保の努力をしてほしいものです。・・・またまた親父の愚痴な夜でした。では、また。
| オオザルT | - | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
水無月
久方ぶりの更新です。以前にも書いていますが毎日毎日どこかで誰かが他人の手によって命を奪われています。悔しい限りです。これも運命なのかもしれません。しかし、家族であれ、知人であれ、見知らぬ人であれ・・・自分以外の命を奪うということはいけません。また、自殺もいけません。命を奪うことはいけないことだと知らないのでしょうか?生まれてきた命です。人生これからの幼い若い命が奪われています。命を奪うことはいけないことです。いけないことです。いけないことです。知らない人が多いのでしょうか・・・命を奪った人たちはいけないことを知らないのでしょうか・・・悔しいです。教えてあげられないことが・・・いけないことはいけないということを伝えられません。人の命を・自分の命を奪ってはいけません。
あちらこちらで、大雨が続いているとのこと・・・自然災害が起きやすい状況の地域もあるらしい。日本人が減ってきています。生きましょう・生きましょう・生きましょう・・・生きましょう・・・生きましょう!!
| オオザルT | - | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |


 SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS