「サルの憂鬱」の言の葉便り

BAI式ブログサービス
  << May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
心の目の視力が落ちていますか?
つまらい内容の報道が多い・・・もっと何か違う角度からの考察や意見はないのだろうか・・・誰かの歌の歌詞で「仲良しクラブのつきあいはまっぴら」という言葉を浮かべた。気持ち悪い現象が現実に起こっている。この不快感はいったい何だろう。。。「生きること」はまず一人からなのだろう。個人ありき・・・そしてパートナー・家族・友人・などと広がる。麻薬に犯された人は仕方がない。。。自分で選んだのだから。政治家たちの欲まみれは止まらない。気づけないから仕方ない。。。いじめ。虐待。。。原因は妬みしかない。。。自分を磨きましょう。隣の芝生は青く見えるかもしれない・・・ならば自分の芝生はもっと青くしましょう!!誰の手でもなく自分の手で。「生きる」ということは大変なことだと思います。だから生きましょう。。。虐待している大人たちは、弱者を見ても仕方ない。いじめをしている同級生もいじめている対象者の何をいじめているのか整理してください。いじめていることが馬鹿げてきますよ。もう一度、隣の芝生は青いものです。なぜなら隣の人は自分の手で世話をしているから。。。あなたの芝生はあなたの手で世話しないと。。。自分を磨きましょう。。。明日も生きていきましょう。
| オオザルT | - | 23:22 | comments(0) | trackbacks(0) |

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://sarunoyuutu.blog.bai.ne.jp/trackback/217881
トラックバック

RECENT COMMENTS
PROFILE
OTHERS